読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイバー戦争は起こらない? 要約抜粋版 その1

サイバー戦争は起こらない?
論文著者 トマスリッド
宮内伸祟訳

サイバー戦争の分類
1.サポタージュ
まず、サポタージュとは経済:軍事システムの弱体化、或いは破壊を意図した計画的な企てを指す。全てのサポタージュは、本質的に技術的なものだが、時に、社会に存在するイネイブラーを利用することもある。
サポーターの攻撃対象は「人」ではなくて「物」が主要な対象となると考えられる。さらにサポタージュは、本質的には戦術的なものなので、作戦および戦略レベルにおいては限定的な効果しかもたない。
一方、我々の社会や政府、軍の技術的発展や科学技術への依存度が高くなるほど、指す、特にサイバーサポタージュが成功する可能性は非常に高まる。
サイバーサポタージュの成功例の一部は、世間でも知られているが、それは主に、1)通常戦力に付随して行われる場合と、2)単体で行われる場合がある。

成功例
1)2007年にイスラエル軍によるシリア北部の核関連施設に対する空爆を目的とした「オーチャード作戦」

2.エスピオナージ
エスピオナージとは、犯罪行為でも戦争行為でもない、第2のサイバー攻撃である。
エスピオナージとはつまり、スパイ活動であり、主に機密情報を窃取することを目的として敵谷のシステムに侵入する行為である。
現在において、国家が有するサイバー能力は、エスピオナージを目的として使用される場合が多い。

3)転覆 破壊
第3の攻撃活動は、転覆、はかいであり、それはおもに、既成の秩序や権威の正当性や統合性を意図的に弱体化させる企てである。
活動の究極な目標は、社会における既成の政府を転覆するかもしれなあが、ある人物をおよび組織が有する権威を弱めるというより、限定的な動機を目的とする場合もある。
その手法は、国家や社会集合体による内在する社会的理念やijax、そして、信用を蝕むことであるが、必ずしもあからさまな暴力行為が用いられるわけではない。
その最もな一般的ツールは、映画や文学作品、或いはパンフレットを通じて行われるプロパガンダ活動であり、それらの手段を通じて個人の忠誠心や中立的立場にいる第三者に影響している。要するに転覆および破壊の活動の狙いは、機械ではなく人間のマインドであり、それた暴力行為でも同様である。 

感想
3)の転覆、破壊活動は最近でいうと、アラブの春のアメリカによる煽動ですね。